自動車保険@ガイド | ランキング・比較・口コミ・見積もり

自動車保険@ガイド | ランキング・比較・口コミ・見積もり

盗難保険について


自動車保険見積もり
→→ 一括見積もりで自分に合った自動車保険を見つけよう!

自動車保険には、盗難保険もあります。自分は、まず車を盗まれることはないだろうから、必要ない、と考える人もいるかもしれませんが、最近は、車の盗難や車上荒らしも多いようです。車の盗難にあわないためには、キーの付けっぱなしに気をつけるなど、普段の心がけが第一ですが、万が一のときのために、盗難保険に入っておいたほうが安心かもしれません。特に、高級外車やRV車は窃盗団に人気が高く、盗難に遭う確率が高いので、こうした車の所有者は入っておくべきでしょう。車両保険によっては、車の盗難までカバーしているものもあるので、加入時に確認しておくと良いでしょう。

盗難を防止するための装置として、モビライザー(盗難防止装置)というものがあります。これは、エンジンキーに埋め込まれたIDコードと、車両本体内にあらかじめ登録されているIDコードが一致しないとエンジンが始動しない仕組みになっています。この装置は、盗難防止効果がとても高いと言われています。保険会社によっては、こうした盗難防止装置装着の割引を導入しているところもあります。

盗難保険といっても、車自体を盗まれた場合だけでなく、いくつかのケースで保障の対象となるものがあります。例えば、駐車場などで多い車上荒らしですが、車両自体は盗まれず、窓ガラスを割られて車内のものが盗まれた場合、警察に被害届を出すことで、盗難によって生じた損害とみなされ、窓ガラスの損害は補償されることになります。

同じく、車上荒らしで車のシリンダーキーが壊された場合、シリンダーキー全体の交換が必要となるため、交換のための費用はかなり高額になってしまいます。車両保険は、こうした場合のシリンダーキーだけの破損でも、必要と認められれば、すべての交換費用が保険で補償されることになります。

▲ページの先頭へ