自動車保険@ガイド | ランキング・比較・口コミ・見積もり

自動車保険@ガイド | ランキング・比較・口コミ・見積もり

免責事項について


自動車保険見積もり
→→ 一括見積もりで自分に合った自動車保険を見つけよう!

自動車保険に加入していると、どんなときでも保険金が支払われると思いがちですが、実際はそうではなく、一定の条件下での事故の場合は、免責となって支払われないケースがあります。例えば、無免許運転・飲酒運転・麻薬などを使用した場合など、正常な運転ができない状態での運転中の事故で生じた損害、傷害については、自損事故保険、無保険車保険、搭乗者傷害保険が適用されないず免責となります。また、車の所有車の許可なく運転した場合に生じた損害や傷害に対しても、免責となります。

これ以外にも、運転者家族限定割引のついた保険の場合、家族以外の人が運転した場合の事故については免責となってしまいます。保険加入の際は、こうした免責事項についてもよく確認しておくべきでしょう。免責事由とは、保険金の支払いが拒否される事項のことです。人身傷害保険や、搭乗者傷害保険などの場合に、無免許運転・酒気帯び運転のような違法行為による事故。また、対人賠償、対物賠償の場合、違法行為があったり、故意と認められたときには、免責事由となります。

車両保険の免責金額についても知っておくべきです。車両保険の免責金額とは、契約者が自己負担しなければならない金額のことです。例えば事故で修理の必要が生じた場合、免責金額が5万円だとすると、修理金額が30万円の場合、25万円が保険会社から支払われ、残りの5万円は契約者が負担します。

免責金額を高く設定すれば保険料は安くなりますが、新車の場合や高級車など、万が一のときの自分の負担を考えれば、低く設定したほうが良いかもしれませんし、状況に応じて考えなければいけません。ただ、車対車の事故で相手にも過失がある場合、相手から回収できる保険金は、免責金額に充当されます。これが回収金規定というもので、回収金で免責金額を補うことが可能になります。

▲ページの先頭へ