自動車保険@ガイド | ランキング・比較・口コミ・見積もり

自動車保険@ガイド | ランキング・比較・口コミ・見積もり

名義変更について


自動車保険見積もり
→→ 一括見積もりで自分に合った自動車保険を見つけよう!

自動車保険の名義変更は、同居の親族であれば、更新時以外でも、いつでも可能です。等級も現在の等級を引き継ぐことになります。保険の名義は、契約者の場合、保険全般について権利を有している人を指します。これは名義変更は自由となります。もう一つは「記名被保険者」です。「記名被保険者」はメインドライバーを意味し、記名被保険者の交代は、配偶者間であれば問題ありません。自動車保険の場合、配偶者や同居の親族は「同一人物」とみなされます。

ただ、契約がリスク細分型の保険商品の場合、記名被保険者の「免許の色」「使用目的」等で保険料が決まります。前の記名被保険者と新しい記名被保険者でこれらものが違っていれば、保険料の清算が必要になることもあるので、記名被保険者を変更する際は、このあたりに注意が要ります。

個人売買などで車を譲渡した場合、契約権利譲渡通知書または異動承認請求書の手続きをする事になります。自動車保険の保険期間中に車を他人に売っても、保険契約上の権利や義務は車を買った人に移るわけではありません。保険契約上の権利や義務も一緒に譲渡したいのであれば、保険会社にその旨を通知し、承認を得なければいけません。売る側が事前に保険会社へ連絡すれば書類が郵送されてきます。

書類には、売る側、買う側の両方が必要事項を記入のうえ押印し、買う側が書類を提出します。車の売買が完了してから日数が経過しており、売り手と連絡が取れないような場合、新車検証、印鑑、免許証、住民票等を用意して保険会社で変更手続きをします。名義変更に必要な書類等については保険会社ごとで多少違うので問い合わせると良いでしょう。自動車保険は、中断という手続きをすると、等級はそのままで5年以内は保険料を払わなくても良い状態にできます。ただし、この間は補償もありません。

▲ページの先頭へ